入門から各テクニックの習得まで

目次へ

3-1. FMCのための解法(前編)


効率よく揃えていく工夫
さて、FMCを本格的に始めたいといってもまず解法はこのままでいいの?と思うはずです。 実際CFOPで解くとcross→F2L4箇所→OLL→PLLという流れになり、基本手順を全てマスターしていても平均で60数手かかるそうです。 ラッキーケースでも精々40手台ではないでしょうか。
ところがFMC上級者は毎回30手足らずの解を見つけてきます。 筆者もどんな変態解法なんだと思っていた時期もありました。

結論から言うと”より自由度の高いCFOP”でほとんどの人が解いています。
自由度の高い解法とはなんぞやという話ですが、ここでスーパーわかりやすい図を用意しました。

スーパーわかりにくくてすいません。各解法と完成までの平均手数の関係です。
まずコンピューターでチートすればどんなパターンからでも最大20手で揃うというのがGod's Numberです。 解法的には終始意味不明に各面がぐるぐる回って一気に揃ってしまう自由すぎる解き方になります。
一方CFOPでは最初エッジ4箇所を固定して2層揃え、3層目を揃えるためにLL手順を使うという、スピード向きだけどなかなか制限の大きい非効率な解き方になっています。
スピード解法ではRouxも最近話題ですが、こちらはクロスが2つ分で済みM列の制限がなくなるためCFOPより自由に揃えていくことができ、平均的に手数もちょっと少なく揃います。
逆にBLD解法では特定のパーツのみを動かす手順しか使わないため、制限ありまくり手数かかりまくりな解き方になっています。

前置きが長くなりましたが、なるべく自由に回せる面を確保しておいた方が効率よく進められそうなことがわかりました。 自由度とはこのように揃えていく上での制限の少なさをいいます。 FMCで使われる解法はCFOPの知識をちょっと発展させたもので上図のような位置付けになると思ってください。

それでは具体的な解き方です!
FMCでは発展CFOPといっても考え方が前半と後半で大きく変わります。
境目はF2L-1(F2Lの3つ目まで揃えた状態)なのですが、以下ではまずF2L-1までの前半について説明します。

ブロックビルディング
序盤はブロックビルディングといって1x1x2ブロック(任意のコーナーエッジペア)からその直方体をどんどん大きくする方針で進めていきます。 クロスを作ってしまうとその瞬間LL面以外が制限されてしまうので自由度を保ちつつ端から徐々にといったイメージです。
前述した通り、F2L-1までの前半はすべてこのブロックビルディングの考え方に基づいて進めます。
がんばって直方体を拡張しましょう!



・・・というのも、1x1x2ブロックからF2L-1まで拡張するのですが、特に決まった法則や手順はありません。手段は問わず手順短ければすべて良しの世界なのです。
しかしこれでは筆者の文章力の無さを露呈しただけになるので、もう少し細かくブロックの拡張の仕方を1つ紹介しておきます(筆者も8割ぐらいはこの方針で拡張しています)。



図のようなイメージです。クロスとかクロス色といった概念は忘れてください。 このようにすると、可能な限り自由に回る面を残しながら拡張していっているので制限を最小限にしてF2L-1まで作っていくことが出来ます
もう1つ大きなメリットとして、分岐がたくさん考えられて色々な解を作りやすいという点にあります。 例えば2x2x2ブロックから2x2x3ブロックへは3方向の拡張の仕方があるのはわかるでしょうか。



このように拡張のパターンが多いので分岐を作りやすく結果ラッキーを引く可能性も上がることになります。

もちろんF2L-1までの拡張の仕方は他にもあります。
例えば2x2x2を目指す時に、エッジ2つをクロス的にセットしてceペアをF2L的に入れる方法があります。
例えば2x2x3を目指す時に、RouxのFBの要領で先に1x2x3ブロックを作り、エッジをセットして2x2x3に拡張する方法もあります。 さらに1x2x3ブロックは1x2x2からの拡張と1x1x3からの拡張が考えられます。

あとは経験と勘がほぼすべてなのでやってみるしかないです。
TRCC様のページにはもっと具体的な解説がされています。ぜひそちらもご参照ください。
またコラムとして目標手数に合わせた各ステップごとの目安がありますので、参考にしてみてください。
そして・・・


文字で伝えるより口で話した方が簡単であることに気づいてしまいました。
というわけで、具体的な流れに関しては動画で補完してもらえると幸いです。(丸投げ)
F2L-1以降は(今のところ)CFOPと変わらないため解けないということはありません。
ブロックビルディングは本当に慣れなので実践あるのみです!

目次へ

Twitter