DRFバッファ解説

目次へ

7. A-permパターン(Type 5)

PLLのA-perm(n3, n4)を用いるパターンです。



これをA-permで処理できることはすぐに分かるかと思います。




しかし、



ステッカーがSuneのような位置関係にあるときも、A-permで処理することができます。
これはちょっと気づきにくいですね。



もともとA-permの形になっているものはもちろん、いい手順が思いつかないときに1手セットアップすることでこのパターンに持ち込むことができます。
A-permはみなさんご存知だと思いますので、覚えなければならない手順はありません。
ただ、全方向から回せると持ち替えを減らせるので、全ての方向からの手順を紹介します。
全てF面の3つを交換する手順です。


≪反時計回り≫  ≪時計回り≫
R U' R D2 R' U R D2 R2 R2 D2 R' U' R D2 R' U R'
L2 D2' L U L' D2 L U' L L' U L' D2 L U' L' D2 L2
U2 L2 U R U' L2 U R' U U' R U' L2 U R' U' L2 U2
R2 U2 R D R' U2 R D' R R' D R' U2 R D' R' U2 R2


では早速やってみましょう。

例1)DRF>RUF>LDF


これはそのままA-permで処理できますね。

手順:R U' R D2 R' U R D2 R2





例2)DRF>BUR>LDF


これはなかなかいい手順が思いつかないと思います。
ですが、「U」でセットアップをすれば例1と同じ形になります。

手順:[U: R U' R D2 R' U R D2 R2]




ここまでで、ほぼすべての3-cycle手順を自力で生成できるようになりました!
おめでとうございます!!


次からは、知っていると便利な発展的な手順を紹介していきます。

目次へ

Twitter